斜め45°上を見た生活

いつもの見かたじゃなくて少し上を見てみようよ。そんなブログかも。

番外編 阿蘇弊立神宮

さてさて、高千穂を後にして、車は阿蘇の弊立神宮へ向かいます。
高千穂からは約30分ほど。
弊立神宮は、宮崎県と熊本県の県境近く、熊本県益城郡山都町(旧:阿蘇郡蘇陽町)に位置する。

この弊立神宮は、知る人ぞ知る神社だ。
主祭神は神漏岐命・神漏美命(かむろぎのみこと・かむろみのみこと)。
この神様は、アマテラスさんよりずーーーーっと以前の神様で、人類の平和を願い火の玉に移って幣立の地に降臨された宇宙からの神様なのだ。
そして、大宇宙大和神(おおとのちおおかみ)、天御中主大神(あめのみなかぬしおおかみ)。文字通り、宇宙の神様だ。
それから勿論、天照大御神=アマテラスさんも祭神になっている。

面白いのは、弊立神宮は高天原神話の発祥の地とされていることだ。
高天原(たかまがはら・たかまのはら)とは、日本神話の天上界を言い、アマテラスさんと弟のスサノオを中心とした神話の舞台である。
ヒムカ神話とも所縁が深~い神社である。

また幣立神宮は、「高天原・日の宮」とも言う。
アマテラスさんやその子孫である天皇の住む御殿という意味らしい。

そして、実は世界的にも有名なパワースポットでもある。
毎年8月23日には「五色人祭」という世界平和の祭りが行われる。
これは世界中の神様が弊立に集まり、世界平和を図る儀式とされている。
毎年、国内外から参列客が来るらしい。

ね、かなりマニアックですが(笑)、とにかくすごい神社です。

国道218号線は、弊立に近づくにつれ雪景色になってきた。
年末から正月に降った雪がまだ残っているようだ。
普段、南国生活で雪に縁がないので、久しぶりに雪を見たら少し嬉しい♪

蘇陽高校を過ぎて、弊立神宮の看板が見えてきた。

そして、到着♪

さて、今日のメインイベントが始まる~~(^0^)

E794BBE5838Fi-phone20005

Leave a Reply

Archives

このページのトップへ